森寺内科

  • ホーム
  • サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大
お問い合わせ TEL 078-411-4143

健康ライフ

平成15年12月号
神戸糖尿治療研究所
森寺内科 発行

あなたの骨はだいじょうぶですか?

骨粗鬆症とは

加齢に伴う骨の老化現象の中で、
最も多くみられるのが骨量の減少です。
骨量の減少が何ら中の原因で病的に
方進した状態が骨粗鬆症
なのです。

骨粗鬆症の『鬆』とは大根などにすが入った
状態をさす言葉で、本来緻密である
骨の組織がスカスカになった状態
をいいます。

我々の体の骨量は成長とともに増加し
20~30才頃に最高に達する。
それ以後は次第に減少し女性では、
閉経後に急速な骨量の減少が起こることが
知られています。

骨は一度成長がとまると、長さ・太さも
一定になり一見変化がない様に見えますが、
実際は骨の組織は常につくり替えられ、
新鮮な組織で強度を維持しています

つまり骨は日夜、古い骨を吸収し新しい骨が
形成されているのです。
この骨の吸収と形成のバランスが崩れると
骨はもろくなります

加齢による骨量の変化
(橈骨の骨塩量)
男女とも20歳代が骨量のピークで、それ以後徐々に骨量が減少する。男性のほうが女性より骨量が多く、加齢に伴う骨量の減少もゆるやかなのに対し、女性では閉経後の50歳以降に急激に骨量が減少する。

骨折の好発部位

骨粗鬆症で問題となるのは骨折です。
骨粗鬆症患者の中で年間約15~20万人に骨折が発生しています。
背椎圧迫骨折・大腿骨頚部骨折・橈骨末端骨折は好発部位です
背椎、大腿骨の骨折では寝たきりの原因になります。

どのようにして検診するのですか?

血中のCa(カルシウム)、P(リン)、AI-P(アルカリフォスファターゼ)の測定、
尿中のNTxの測定、X線撮影などによる骨量の減少の測定、
最近では超音波装置による骨密度を簡単に測定することができ、
正確に診断できます

骨を丈夫にするには

骨を丈夫にするには、骨の材料のカルシウムをたっぷりとることが大切です。
また、ビタミンDはカルシウムの腸からの吸収を良くし、骨のカルシウムの取り込みを助けます。
その他、太陽の光にあたり運動することが必要です。

カルシウムの多い食品は・・・

  • 1)牛乳・乳製品:牛乳・ヨーグルト・チーズ
  • 2)魚介類・海藻類:わかさぎ・いわしの丸干し・ししゃも・ひじき・しらす干し・桜えび
  • 3)大豆製品:豆腐・厚揚げ・油揚げ・おから・納豆・ゴマ
  • 4)野菜:小松菜・春菊・大葉の葉・かぶらの葉